More Fun, More Enjoy

釣り情報

日本海エギング開始!?

サイズ
20 cm
アオリイカ胴長10~20cm*18

京都 伏見店菅 智亮

魚種
釣り方
場所
サイズ 20 cm
釣行日 2016-08-31
天候 曇りのち晴れ
同行人 田中さん

コメント

日本海でアオリが釣れ始めているという情報をもとに、田中さんを誘い小浜方面へ弾丸釣行へ!

道中は無風で二人でウキウキしていましたがいざポイントに着くと爆風…

不穏な空気の中2.5号のピンクグローでエントリーしました。

シーズン初めと夜中なので着底後は約4回しゃくり上げ、積極的に誘い込むやり方でアプローチ。

爆風の中ティップを水中に入れて持っていくアタリのみ意識しましたが、全く反応なし。

苦戦していると離れたところで田中さんがファーストキャッチ!

負けられないので、3号に変えフォールの安定性を意識する釣法に変更しテンションフォールをしつつロッドを少し手元にひっぱる感じでアタリを待つとイカパンチ!

逸る気持ちを抑えもう一度しゃくりフォールを待つと今度は引っ張るアタリが来たので確実にアワせ無事ヒット!

しっかり嘴付近にフッキングしています!(目に刺さってますけど。。。)

 2016.08.31.3192.1

しかしこの釣法に気付いたころにはすでに夜が明け始めた頃で少しずつ焦りも。。。

このまま朝マズメに入り、数匹増やした後、漁港の先端へと移動。

日も上がったのでムラカラーに変更すると足元付近の駆け上がりに溜まっていた群れに遭遇し、怒涛の7連続キャッチ!

その過程で田中さんとのダブルヒットも達成!

2016.08.31.3192.2

エギの号数差でアオリイカのサイズも比例するのがよくわかる一枚です。

 そして反応が消え、また漁港内を移動し夜反応がよかったところでプチフィーバーを経て納竿しました。

今回田中さんはデュエル、僕はヤマシタをメインに対決しましたがデュエルに完敗でした。

パタパタのサイドのゴム製フィンが水嚙みを良くし、安定フォールしていると分析した田中さん。

ボディも細いのでしゃくりの引き抵抗も少ないそうなので、ハードにされる方や初心者、女性の方におススメ出来るエギです。

一方ヤマシタのエギ王Kはカンナ付近にあるハイドロフィンという船の舵みたいな部品がありそのおかげでとても安定したフォールを実現出来ます。

強風で波立ち潮も早いときはエギ王で緩い力で誘うといい反応をしてくれます。

ただ、フィンがブレーキの各目もあるので潮止まり時やハードにしゃくってしまうと抵抗が大きく手首に負担が貯まるので注意が必要です。

まだまだアオリイカも始まったばかり。これからどんどん成長してほしいです!

使用した釣具

釣竿 ゼナック 我峰人AG-86アキュラ ダイワ エメラルダスエアー86MLI
リール ダイワ 12ルビアス2510PE-H ダイワ 16ルビアス2508PE-DH
ルアー ヤマシタ エギ王K2.5、3.5号 エギ王Qライブ3号

条件絞込み