More Fun, More Enjoy

釣り情報

  • HOME >
  • 釣り情報 >
  • ジギング&キャスティング塾inビクトリー

ジギング&キャスティング塾inビクトリー

サイズ
85 cm
ブリ 85cm 6kg
ウッカリカサゴ 2匹

高槻店碇山 篤志

魚種
釣り方
場所
サイズ 85 cm
釣行日 2017-05-19
天候 晴れ
潮回り 小潮
同行人 高槻店 大上、鈴木

コメント

今回はジギングの勉強も兼ねて高槻店スタッフを連れていつもお世話になっているビクトリーへ。

初めてジギングに挑戦する大上くんと、日本海ジギングは3度目、前回は鰤も仕留めて絶好調の鈴木さんとジギングにタイラバ、チャンスがあればキャスティングにもチャレンジしてもらおうと、大量にタックルを持参していざ出船。

 

早速白石付近には鳥山と大船団。釣れそうな雰囲気ですが、鳥は穏やかなのでさらに沖へ白石の北西へ。大上くんにはジグの特徴や選び方、フックのサイズからシャクリ方等、普段店頭では教えきれないことを実釣で体験してもらいました。とにかく体で覚えてもらおうと見本を見せながらシャクっていた二流し目。いきなり鈴木さんにヒット!強烈な引きにこれは鰤サイズ!前回と比べ苦戦しながらも慣れた感じで上げて来たところで悲劇が・・・テールフックに掛かっていたようで、2本針が1本は抜け、もう1本は折れ。ちょっとフックが細すぎたのと、テールフックは掛かりどころが読めない為、変なところに掛かった様子。手痛い失敗ですが、これも勉強、いい経験に。

その後は青物のヒットもないが、表層は相変わらず鳥もトビウオも多く、夕方の時合には爆発間違いない雰囲気だったので、ひとまずジギングから鯛や根魚狙いのポイントへシフトしていく。タヌキやカレイ、幻の高級魚アラも出るポイントで、コアラ(小さいアラ)やカレイ等美味しい魚ばかり上がり、僕や大上くんもタイラバで根魚を釣り、お土産は確保。

DSC_1600

DSC_1601

 

 

さらにポイントを浦島寄りの深場へ移動。

キャビンで仮眠しているとエンジン音が変わり、低速走行へ、そして自然とその変化に反応して目覚めてしまう体。外に出るとナブラ!すぐに投げて!と船長の合図。すでに水面はボコボコのボイル!とりあえず用意してきたキャスティング3タックルを大上くんと鈴木さんに見合ったタックルにドラグだけ調整し渡すが全くキャスト練習もさせてないブッツケ本番!僕も半分覚めない頭のまま、ナブラへとりあえずキャスト!

DSC_1609

僕は一番ヘビーなオオマサ、マグロ対応のタックルに新作トップメタルの80gを乗せると気持ちよく飛んでいく!数投目、このルアーのキャスト感にも慣れ、抜群の飛距離でドンピシャでナブラに到達。着水後水面直下をスローなアクションで誘うと、ナブラとは違う明らかにルアーを狙った動きで後方がざわつく。チェイスが続きナブラから抜け出したところでついにヒット!!群れから引き離しファイトするが、この鰤がまた元気いっぱいで、走っては潜って、ロッドのパワーで浮かせるが何度も強烈に走ってドラグを鳴らしようやく浮かせてネットイン。

FB_IMG_1495186408096

DSC_1605

85cm、7kgの鰤!トップメタル80gにて。

プラグでは出せない圧倒的な飛距離と、着水後もアルミ素材ならでは浮遊感でスローな誘いが可能。

 

 

その後もナブラのチャンスは多く、トビウオのナブラらしく、足が速くナブラもあっちに行ったり、こっちに行ったり。鳥の動きをよく見て次にナブラが起こる場所を予想して先回り出来るかが大事。

ここからは鈴木さんと大上くんに任せ見守ることに。黒田キャプテンとやっさんの両船長からのキャスティング指導も始まり、見る見る上達し飛距離も伸び、途中鰤の大群が泳ぐ姿も見え絶好のチャンスもあったのですが、結局釣れたのは2本だけ。

水中でもジギングでも魚探の反応では大量のチェイスがあり爆発寸前でしたが、ヒットせず。

 

ポイントはタヌキメバル等根魚が豊富なエリアの為、ナブラに注意しつつ、キャスト練習やジギング、タイラバでポイントを移動しながら待機。ポツポツと根魚が上がる中、大上くんにもタイラバでヒット!

なかなかの重量感があり、上がってきたのはジャンボサイズのタヌキ!

DSC_1619

40cm近い立派なサイズ。

 

夕マズメの爆発を期待して白石方面に戻り、鳥山近くで青物ナブラに待機しつつ、タイラバへ。

今日の目標だったキャスティングでも鰤も釣ったので、今度こそ鯛を釣りたいところ。潮もいい感じに効いてきてたが青物は爆発しない。依然ナブラの雰囲気はあるが、どうも岸寄りでバシャバシャと音がしてると思ったら、残念ながらイルカさんがおられます…

しかし鯛は良さそうな雰囲気になってきて、船の後方でタイラバにヒット!続いて後方から順番に真鯛、レンコダイ等もあったが真鯛の活性高く、いい感じにヒットしてきた。そろそろミヨシでタイラバを巻いていた僕と黒田船長。そろそろ順番的にこっちにもヒットするはず?船長よりアタリがあっても我慢して巻いてきて・・・との会話のすぐ後に微妙なアタリ?ラインにクラゲが触れたくらいの違和感でしたが、そのまま結構上まで巻いてきたところ鯛らしいアタリが出だし、程無くティップがギューンと絞り込まれたのでコレは乗ったと合わせる!・・・しまった抜けた。さっき我慢して巻いてと話してたとこなのに・・・

 

まだチャンスはあると巻き巻きしてるとまた真鯛が上がる。

この流れで釣れてほしいと思っていたら、朝の鰤バラシ以来沈黙していた鈴木さんに待望のヒット!

DSC_1622

強い引きにしんどそうですが・・・楽しそうです。

ようやくお土産が釣れて一安心の鈴木さん。ところが、これで終わらず

FB_IMG_1495186430635

まさかのまたまたヒット!鯛のW持ち。

DSC_1624

これに続けと、釣り座の順番的に大上くん→僕にヒットするはず・・・でしたが終了。

終わってみれば、バラシしたものの、唯一ジギングでの青物ヒットさせ、鯛も2枚と結果的に今日も爆発中の鈴木さん。青物のバラシとキャスティングで釣れなかったのが悔しそうでした。そして今回も鯛が釣れず悔しい僕でした。

 

最近使っている便利アイテムの紹介

①リブレ Q.R.A

メカニカルブレーキにレバーを装着し、フォールスピードを自在に調整出来るアイテム。これが結構面白く、例えば、太刀魚等でジグのフォールに変化を付けたい時にレバーを操作したり、2枚潮や船の揺れ、ジグの重さ等の影響に合わせてレバー調整しながらバックラッシュしないギリギリまで緩めて速く落としたり、タイラバではスムーズに落とすために不安定なサミングではなく、レバーでテンション掛けながら落としたり、潮に乗せて遠くへ流したい時はブレーキ掛けながら落としたりといろいろ出来ます。一度付けたら全部付けたくなって、気が付けばすでに購入3個目。

DSC_1631

 

②タイブレ

DSC_1604

タイラバにブレードチューン出来るアイテム。キラメキで誘うか?ブレードの波動で誘うか?サイズやカラーを気分で変えて攻撃力、アピール力等戦闘力大幅にUP。ビーズによるカチカチラトル音も出ます。

 

③DパーツスレッダーG

DSC_1598

 

タイラバフックを自作したり、ネクタイやワームを付ける時に便利なバックファイヤーキャップ。それをまとめて収納でき、取り付けも簡単に出来るのが、このアイテム。ラインを通してパーツを引き抜けば簡単に装着出来ます。

 

使用した釣具

釣竿 CB-ONE ブルーウォータープラッギンVF807SR、VFR838SPC、705M、シマノ オシアジガークイクジャーク623、インフィニティB651、テンリュウ オフショアライトデルソルOL-601B-DML
リール ダイワ ソルティガZ6000GT、シマノ ツインパワーSW14000XG、8000PG、ツインパワー8000HG、オシアコンクエスト301HG、201HG
ルアー ビクトリー トップメタル80g、60g、45g、鰤神様黒極180g、ミサイルマン200g、鯛夢150~100g、Dクロー 水面チョップ、シャウト エンタイス150、ヤマリア ラピード
道糸 PE0.8、1.2、2、3号
ハリス フロロ16、20、40lb、ナイロン35、50lb

条件絞込み