More Fun, More Enjoy

釣り情報

鱈が絶好調の浦島

サイズ
75 cm
タラ 75cm・4kg~4匹
ソウハチガレイ
レンコダイ

高槻店碇山 篤志

魚種
釣り方
場所
サイズ 75 cm
釣行日 2017-06-05
天候 晴れ
潮回り 若潮
同行人 他お客様5名

コメント

今回も浦島の鱈狙いへビクトリーへお客様の仕立てに便乗させてもらいました。今日もいい天気ですが、外海へ出ると結構なウネリがあります。約1時間半で浦島へ到着するとすでに数隻の船が。

 

朝一はとりあえずジグで鱈狙い。一番重い420gでボトムを直撃!ウネリの上下と船も流されラインがどんどん船底へ入り、底取りも難しいが、根掛かりも多いのでボトムに着いたら二枚潮による余分な糸ふけを取る為に数m一気に巻き上げてラインを伸ばしきって再度着底。ボトムから1m上の棚から誘いを入れて探っていくと速攻でヒット!

 

結構重いので、もしかしてGT(ジャイアントタラ)サイズか?と思いゆっくり上げてくるが、食い損ねが尻尾付近のスレ掛かりで一番しんどいパターンでした。しかもサイズも小型のちっさいチータラサイズ。

 

最近は激しい誘いがいいとのアナウンスもあり、サイズUpを狙って上の層を狙って何回かワンピッチで激しく飛ばすとそのままヒット!今度は大きそう・・・ついでに2人オマツリしており、タラ+ジグ2個分(300g以上×2)の重量Upでなかなかしんどい・・・今度はいいサイズ!GT(ジャイアントタラ)サイズ!

FB_IMG_1496670126051

 

さらにサイズUpを狙って誘いを大きめに入れて上の棚まで上げてフォール・・・糸がふける!すかさず合わせると今度もいい重量感!ひたすら手巻きで200m以上巻きあげて今日一番のGTサイズ捕獲!

DSC_1688

浮き袋飛び出してますが・・・水深200m以上から巻き上げると小型なら早く上がる為、水深変化に付いて行けず魚も抵抗せず楽に上がってくるのですが、大型になる程巻き上げに時間がかかる為、元気なままゆっくり上がってきます。90cm以上の超GTクラスになると掛けた瞬間もドラグも出て速く上げようにも上がらないので地獄の糸巻となります。

1匹目はオマツリもしてたので、ゆっくり上がって元気なまま。2匹目はサイズも大きかったが早めに勝負をかけたので水深変化に耐えられず弱って上がっていました。これがゆっくり上げてきてたら・・・もっとしんどかったと思います。

 

DSC_1690

 

DSC_1689

タラが吐き出した推定胴長40cm以上イカのクチバシ。また帰って捌いた鱈はいつも通りのハタハタ(鱈神380gサイズ)以外に細長い魚(鱈神ロングサイズ)を食っていたので、鱈神ロングがちょうどベイトと合っていたのでしょうか?

今度はルアーを変えディフューズR350gでも1本追加。開始してすぐに鱈も十分確保できたので、これ以上は資源を大事にということで違うことに挑戦。

 

 

ずっと前から考えていてやってみたかった仕掛けを実戦投入。

DSC_1685

未開の土地・浦島で“挑戦(チャレンジ)”する“リグ”!

シンカーをワンダーに誘導式でシモリ玉と夜光玉ソフトを挟んでワームをセット。ワームはズレ防止にパイルドライバー式にねじ込む!

シンカーはワンダー100号(約380g)とカレイ・根魚ポイント用に60号(約220g)の二種類を用意。鱈以外に何か魚が食って来れば・・・と思ってボトムを探るが時々根掛かりする程度で不発、失敗はよくあることです。

しかしトライ&エラーを繰り返して、実戦で使えるリグになるでしょう。絡まない程度にリーダーをキャロ風にしてボトムより浮いた魚を狙えるように改良も必要かも。

 

今度はタイラバでも鱈が釣れるというので、スーパーディープタイラバにチャレンジ。ヘッドは鯛夢もマックスサイズ330g。なんでも喰い付く鱈にはボリュームが大事だろうと、夜光スカート&夜光ロングカーリーにさらにワームをイカタコカーリー&ノレソレとボリュームマックスでチャレンジ。抵抗も少なく余裕で着底。ボトムから巻き上げてくると速攻でヒット!タイラバでの初鱈を期待していたが・・・上がってきたのはカレイ!

ソウハチガレイ

前回は釣れなかったので、実はこっちのほうが嬉しいお土産。

DSC_1691

 

鱈も十分に釣れ、カレイも追加出来たので、今度はポイント移動。

水深200mの泥底で本格的にカレイ狙い。泥底でジグで誘うが今回も不発。根魚ポイントも不発に終わる。

 

今回は回収も楽な電動リールを使用しました。 小型でパワフルなシーボーグ200Jですが、小物なら問題ないが、鱈を狙うならやっぱりもう1サイズ大きめが良さそうでした。おすすめはシーボーグ300MJ。パワーは申し分ないし、メガツインは回収時にはメガスピードで高速巻き上げ、魚が掛かったらメガワパーでトルクある巻き上げ。鱈は口も柔らかく、高速巻きでは途中でバレることも多いのでパワーモードでのやり取りが最適です。

 

夕マズメに向けて白石方面へ移動。

いつも通り夕方には鳥山と鰤の反応。ボトムでは鯛が釣れそうな反応も。トップも気になるが、鱈満載で鰤も釣れたら困るので、鯛が釣りたいのでタイラバからスタート。するとキャスティングから始めた人は速攻で鰤がヒット!

それを見てたらやっぱり投げたくなってきたので、ちょっと脱線してトップメタル80gで参戦。追い風、逆風関係なく誰よりも飛距離が出せる。鳥の移動も早く、決定的なチャンスはなかったが、1発だけ鰤のバイトのみで終了。

そうこうしてると、タイラバで鯛がヒットしている様子でさらに甘鯛も上がる。キャスティングもひと段落したので、脱線も終了しタイラバ再開。

そこそこ潮も効いている様子で今にも釣れそう。するとボトムを取って巻き上げ・・・再度ボトムを取り直しで速攻ヒット!

叩くアタリに根魚ではないな・・・小さめの鯛かな?と思って上がってきたのは鯛は鯛でもレンコダイ。

 

DSC_1693

鯛夢200g+点発光ショートカーリー+鯛節ストレート

 

さあここから真鯛の時合!と気合を入れて巻き巻きしますが・・・タイムアップ。

鯛は不発でしたが、鱈は今日も絶好調。誘いの違いで釣果に差が付き、デカいサイズも捕れたので楽しめました。次回も新らしい釣れるリグの開発を試みたいと思います。

 

 

使用した釣具

釣竿 ヤマガブランクス ギャラハド63/2SLOW 、シマノ オシアジガーインフィニティB651、テンリュウ オフショアライトOL-B601DML、CB-ONE VF807SR
リール シマノ オシアジガー1501HG、オシアコンクエスト301HG、ダイワ シーボーグ200J-L、シマノ ツインパワーSW14000XG
ルアー ビクトリー 鱈神ロング420g、鯛夢330g、200g、トップメタル80g、ビート ディフューズR350g、ボブキャット300g
道糸 PE0.8、1、1.5、3号
ハリス フロロ20、25、30lb.、ナイロン50lb.

条件絞込み