More Fun, More Enjoy

釣り情報

  • HOME >
  • 釣り情報 >
  • シマノ新製品サーベルテンヤ試釣しました

シマノ新製品サーベルテンヤ試釣しました

サイズ
指3本 cm
4本

京都 伏見店久保田 剛

魚種
釣り方
場所
サイズ 指3本 cm
釣行日 2017-07-27
天候
潮回り 中潮
同行人 本社片山さん、高井田店水口店長、瀧本シニアアドバイザー、西昆陽店俣江店長、堺店嘉田店長、宮川アドバイザー、郡山店中村店長、高槻店碇山店長、大津店松田店長、天王寺駅前店東店長

コメント

シマノから発売される船太刀魚の新提案商品サーベルテンヤを使用してきました。ライトタックルを使用した新しい釣り方です。
専用ロッドのシマノ:サーベルマスターSS B608ML-S。リールはバルケッタ200HGにPE0.8号、リーダーフロロ16lb。

ロッドの特徴はティップが非常にやわらかく、繊細なアタリをとりながら喰い込み重視。しっかりフッキングさせるためにバットには張りがあるものでした。専用のものが最適かと思いますが、メタルスッテの竿に似ているように感じました。

40gのサーベルテンヤにサンマの切り身をつけ、底まで落とします。
底から10m以内にアタリが集中したので底をとることがまずは大切。

40gのテンヤで底がとれない時はヘッド下部のフックに5~10号位のオモリをつけて底をとります。
オモリはワンタッチで付け外しできるので簡単です。

釣り方は底をとったら、ティップの柔らかさを利用してゆっくり誘いながら巻いたり、激しくシェイクしてピタッと止めてやると
コツンッと前アタリがあります。前アタリがあったら慌てず喰い込みを待ちます。
グッと喰い込んだ瞬間、しっかりあわせてフッキング!
このやりとりがハラハラドキドキで面白い。ゲーム性が高く楽しい釣りです。
今年大注目の太刀魚釣法です!ぜひ一度お試しください。

 

今回は明石の「魚英」さんにお世話になりました。

予約受付時間8時~20時

078-917-1285

090-2356-7314

使用した釣具

釣竿 シマノ:サーベルマスターSS B608ML-S
リール シマノ:バルケッタ200HG
しかけ シマノ:サーベルテンヤ40g
道糸 PE0.8号
ハリス フロロカーボン16lb
エサ サンマ切り身

条件絞込み