More Fun, More Enjoy

釣り情報

エギングクラブ、頑張れウキマロ君!

サイズ
アコウ32 cm
アオリイカ*3
キス*3
アジ多数
ベラ多数
アコウ*1

京都 伏見店菅 智亮

魚種
釣り方
場所
サイズ アコウ32 cm
釣行日 2017-09-05
天候 晴れ
同行人 伏見店:田中さん、高槻店:碇山店長・PB鈴木さん・PB向田さん

コメント

シーズンインしたアオリイカを確保するべくエギングクラブへ参加しました!
先行してる田中さんと合流すべく集合場所の高浜町の漁港へ向かうも現地は爆風…
嫌な感じしかしません。
しかも漁港を工事しているのか足元に桟橋に使うような平らなブイが大量にプカプカ…
朝マズメを逃したくないということで常神半島へ移動しました。

すると常神半島は完全無風でベタ凪ぎとベストコンディション!
期待が膨らみます!

今回事前に碇山店長よりエギングロッドを使用するならどんな釣りをしてもいい、という指
令が下ったため僕はエギ以外にシーバスルアー、胴付き、ブラクリ、ライトショアジギングを
チョイスしました。
エギングロッドはルアーウェイトキャパが広い上、レングスもあるので基本どんな釣りにも
対応します!
まずはメインのエギングをしますが全員釣れるのに僕だけ釣れず……
意地になって続けますがイカにとことん嫌われます…。
仕方なく胴付きに変更して漁港内に投げ込むと早速底でコンコンとアタリが!
イソメを付けてたので即アワセは厳禁ですが意地になってたのでセオリーを無視してアワセ
るとキスをキャッチ!
つまり漁港内は砂地が広がっているということですね!
少し機嫌を直し、しばらく胴付きで遊び少しお土産を確保し本命のイカに戻ります。

足元にイカはいますが反応するのに後一歩のところで逃げられる始末。。
なので手前は諦めてロングキャストして沖を探ると威勢の良いイカパンチがあり良いサイズが上が
ってきました!

2017.09.05.93192

イカのアタリは基本ラインで判断します。

まずカウントしながら底を取りラインがフケたらシャクリ、またカウントしてカウント中早
めに糸フケが出たら抱いているor形状変化です。
違和感があるならすぐアワセて大丈夫です。
またカウント中にラインが張った時、それもイカは抱いて逃げようとしているサインです。
後は醍醐味イカパンチ!
いきなりトン!というアタリが手元に伝わります。
これは即アワセしないとなかなか乗りません。
しかも乗っても触手に刺さっているだけなのでかなりスリリングです!

次に根掛かりした場合です。
日本海においては基本岩と海藻、砂地で構成されます。
岩に引っ掛かった時は最悪です。
ラインのテンションを抜いて暫く放置して上に上げるように取ります。
かんなかは返しがないので意外とこれで救出できます。
海藻の場合はロッドで引っ張るとなんとなく動くように感じます。
その時は竿をあおると意外と海藻がちぎれて回収できます、がそれでダメな場合はロスト覚
悟でロッドを水平にして引っ張るしかありません。
ですが意外とこの取り方で何とかなっちゃう時が多いです。
けどこの取り方は最終手段なのであまりオススメできません。

イカも数杯ゲットしたところで碇山店長は根魚狙いにチェンジされたので僕も変えてみます!
すると碇山店長はPB20で良型のアコウをゲット!
根魚の存在を確信したところで僕にもヒット!
本当にPB20はよく根魚が釣れます。

しかしそれからは続かず眠気と戦いながら夕方を迎えアタリもなくなったため納竿としました。

使用した釣具

釣竿 ゼナック 我逢人AG-86アキュラ ダイワ エメラルダスエアー86MLI
リール ダイワ 12ルビアス2510PE-H ダイワ 15ルビアス2508PE-DH
ルアー ヤマリア エギ王Qライブ、エギ王K各3号 コアマン PB20

条件絞込み