More Fun, More Enjoy

釣り情報

山中湖のボートワカサギ

サイズ
6~10 cm
ワカサギ 170匹

相模原店丸田 泰助

魚種
釣り方
場所
サイズ 6~10 cm
釣行日 2017-09-29
天候 晴れ
同行人 お客様:津田様

コメント

涼しくなっていよいよ秋らしくなり、快適に釣りが楽しめる季節になってきたので、以前から行ってみたかった「ボートのワカサギ釣り」に初挑戦に行ってきました!

毎年、ドーム船には行っていましたが、冬のドーム船より秋のボート釣りの方がいっぱい釣れると聞いていたので、いつものお客様、津田様と山中湖へ釣行。

朝7時にレンタルボート屋で2人乗りの手漕ぎボートを借り、用意していたハンドエレキと魚探をセットして出発。9月から始まっているドーム船が集まっている付近がポイントと聞いていたので、その近くへ行ってみると、魚探にずっと反応が出っ放しです!どうやらイイポイントに入れたようです。

とりあえず、準備から開始。タックルはチヌのイカダ釣りのタックルに道糸PE0.3号、2.5号の10~14本鈎の仕掛けにオモリ1~2号で空バリでスタート。竿受けやバケツ、エサの置き場所など、どんな配置にすれば釣りがしやすいか考えながら配置を決めて、準備万端。いよいよ釣り開始です!

仕掛けを降ろすと、底に着いてすぐにアタリが出て掛かります!が、欲張って追い喰いを狙うと先に掛かっていた魚も外れてしまいます。ドーム船同様、合わせはきっちり入れないといけない様です。たまに群れが離れてアタリが無くなることもありますが、エサ(アカムシ)を付けたり、タナを変えたり、誘い方を変えたりしているとまた釣れます。反応がイイ時は仕掛けを降ろしている最中にアタリがあって仕掛けが落ちないこともあります。

途中、ニゴイが釣れたり、バスに仕掛けを引き千切られたりしながら14時まで楽しんで、納竿にしました。今回はちょうど170匹の釣果(津田様は約300匹)で、これでもまだまだ渋い方だそうです。これからもっと釣果も伸びてくるとのことなので、楽しみです。

 

今回釣れたワカサギは唐揚げにして食べましたが、めちゃくちゃおいしかったです。1回で食べきれる量ならテンプラがオススメですが、多い時は冷めてもおいしい唐揚げが、数日かけて食べられるのでオススメです。から揚げ粉まぶして揚げるだけなので、調理も簡単。ごはんもビールもすすみますヨ!

使用した釣具

釣竿 イカダ竿 2.1m
リール イカダリール
しかけ がまかつ ボートワカサギ2.5号14本鈎
エサ アカムシ又は空バリ

条件絞込み