More Fun, More Enjoy

釣り情報

  • HOME >
  • 釣り情報 >
  • 釣果の差は・・マル秘アイテムバブリー!?それともフック?

釣果の差は・・マル秘アイテムバブリー!?それともフック?

サイズ
60 cm
2枚

京都 伏見店碇山 篤志

魚種
釣り方
場所
サイズ 60 cm
釣行日 2018-05-11
天候 晴れ
同行人 大津店:松田店長

コメント

ある日突然電話が鳴る・・・『タイラバ行かないっすか?』

電話の主は最近夜な夜な琵琶湖に出没してバスにハマってる大津店 松田店長。先日大津店のスタッフ3名含む釣りクラブでタイラバ初挑戦でも大鯛を釣ってきており、松田くんもタイラバ行きたいんやろうな・・・行くんやろうな・・・なんて予感は的中。とにかく琵琶湖でマキマキではなく、日本海でマキマキしたいようなのでまたしてもトップスジャパンさんにお世話になりました。

 

近況も知らず現地に着くと、船長より『渋い』の一言。潮も逆潮だったり動かなかったりと難しそうです。

 

朝一は潮が動いてないため、風が強いがそれを利用して風で船を流す作戦に。

なかなかの爆風でタングステンの240gでもかなり流されます。そんな中、幸先よくヒット!

鯛程の重量感や引きもなく、叩くような引きなので根魚ではなくレンコダイか?

なんて思ってたら・・・残念ながら巨エソ。久しぶりにエソを釣った気もするが、エソの活性が高い=エソより強いフィッシュイーターが近くにいない・・・そんなイメージで先行き不安ですが、とりあえず魚のヒットにテンションを上げていく。

 

ガンガン流される中、ポツポツと生命反応はあり、レンコ(小)追加。

さらにかなり流した先でのヒット!引きからして根魚っぽい?が魚の引き以外にいろいろな抵抗が追加されとにかく重くこれぞドテラの釣りって感じ・・・

20180511084821_p

ボチボチのサイズのアオハタ追加。順調に美味しい食材は確保できているのでそろそろ本命真鯛がほしいところ。

 

期待した矢先に待望のヒットは、小型ながら鯛っぽい重量感と独特の叩く引き。

小さ目の鯛かな?と思ったらでっかいレンコダイ。

 

 

ポイントを変更。経ヶ岬を超えると予報通り風はないが、潮もない。タイラバも真下に落ちる状況。徐々にポイントを東へ赤潮の潮目のラインを流す。漂流物も多いが、潮を潮の境目、潮も少し動いている。ここで潮に乗せてかなり遠くまで飛ばしていた人に待望の鯛がヒット!60gのヘッドで300m流してのヒットとのこと。同じくそのパターンでポツポツと鯛が上がる。僕も80gで流すが・・・ミヨシは潮目が近く漂流物も多い。さらにせっかく流してもオマツリも多く釣り自体がかなりしにくいため、作戦変更。皆が軽いヘッドで流し遠くに飛ばすなら・・・重いヘッドで真下を狙う!

 

何度か着底後の巻きはじめでアタリまで行かないが違和感が・・・これは来そうな予感・・・ゴッゴッゴッッ!キター!!

重量感と叩く引き、これは間違いなく本命の真鯛!

DSC_2404

ネットに収まったのは食べごろサイズの綺麗な美人さん。狙い通り段差ロング仕様のフックのトレーラーに食いつく!

レッドスナイパー200g+ネクタイストレート(グリーン+ゴールド)+フック段差ロング仕様(ジガーライトマダイ向こう合わせ+早掛)+トレーラー:フラッシュJ1”SW+マル秘アイテム!

 

DSC_2419

マル秘アイテム

最近発売されたバス用アイテム ジークラック『バブルネイル』

ネイル型フォーミュラでなんと『泡』と『エビエキス』が放出されるという代物。

動画で見ると結構な泡を発生させるので、回収の遅いタイラバでは少しずつ反応させ泡とエキスを温存するためにちょうどいいアイテム・・・フラッシュJシリーズです!

DSC_2409

アルミシートが入ってるお尻の穴からバブルネイルを突っ込むと・・・ピッタリ

DSC_2410

水分を与えるとバブル発生!この刺し方なら少量ずつ反応して長い間持ちそうです。

o0720096014189001603

狙い通りにフラッシュJを摘み食いしてきました。渋い状況だったのでこれが良かったのかも?

『輝き』の次は『泡』!フラッシングタイラバ改、バブリングタイラバです!

 

なかなか渋い状況で修行タイムが続く。

夕マズメ僕の右隣で焦りの色を浮かべる方をよそにダメ押しの1枚追加。

o0720096014188999667

レッドスナイパー200g+ストレートネクタイ(グリーン+ブラウン)+鯛カーリー(ブラック・レッド)+フック段差ロング仕様(ジガーライトマダイ向こう合わせ)

 

なかなか渋い状況でしたが、トリプルネクタイ仕様+巻き重視ショートバイト対策のフックセッティングの小針作戦で貴重なバイトを取ることが出来ました。

 

ヘッドの重さやネクタイの種類・数・カラー+トレーラーの有無と組み合わせは無限ですが、その中からヒットパターンを導き出す奥深さこそが“ディープ”タイラバです。故にすぐに応えが返ってくる場合もあれば、永遠流した先に応えがあるのか?ないのか?なんて迷走するパターンも。

さらに他の人とちょっとした差がアタリの差や釣果の差となりうることも。激戦区では何度も同じタイラバが降っては登っていく海底でマダイの興味を引くにはアタリパターンは見習いつつも、周りと同じでは釣れないのでそこでひと工夫が必要かもしれません。

 

今回も最近得意のバーチカルパターンでしたが、軽量ヘッドで流す超ドテラパターンでよく釣れていたので、こっちの攻略パターンも増やしていきたいと思います。

 

DSC_2413

 

迷走した一人。ブログの釣果写真に姿はないものの、チラホラ後ろ姿が写りこんでしまったお方。NEWロッドのビンビンVCMドテラで巨エソ、フグ×2としっかりNEWロッドに入魂されてました。

 

●フックのお話

触ってくる・・・ガツガツくる・・・ここからこれを掛けれるかどうか?は大きな違いです。

そんな中、渋い時の貴重なバイトも皮一枚でも乗せてしまい、それでもバレないのが小針効果です。

DSC_2417

 

ジガーライトマダイ向こう合わせ6~7号

後ろも長めでショートバイトを捉える段差ロング仕様

 

20180511085957_p

ジガーライトマダイ向こう合わせ6~7号

巻き重視でネクタイの動きを重視した段差ショート仕様

小針はいい時にいい場所にいい感じで刺さるのも特徴。

口内や歯他硬い場所に針先が乗ると針先が鈍る、刺さりが浅い、貫通しきらない等で針折れ、外れの原因にもなります

 

DSC_2421

 

市販の標準仕様フック(これでも小さめ)との比較

さらに市販のタイラバは重いもの程大きな針が標準装備されてることも多いので差は歴然!

 

 

DSC_2420

フックセッティングは巻き重視は段差短めの向こう合わせがメインで、トレーラーを付けたい時ロング仕様、重いヘッドでフォール~巻き上げで食うパターンには早掛の段差ロング仕様がメインです。

●フックサイズ

高活性・・・大 低活性・・・小

●アシストフックの段差

ショート・・・トラブル小、ネクタイの動き◎、巻き重視

ロング・・・トラブル有(ライン・ネクタイ絡み)、トレーラーとの相性◎、低活性、フォールバイト

使用した釣具

釣竿 シマノ オシアジガーインフィニティB651、テンリュウ オフショアライトデルソルOL-601B-DML
リール シマノ オシアコンクエスト301HG、201HG
ルアー トップスジャパン レッドスナイパー240g、200g、ビクトリー 鯛夢330g、150g、100g、80g
道糸 PE0.8
ハリス フロロ16lb.~12lb.

DSC_2419

ジークラック バブルネイル
泡と匂いで誘う『バブリングタイラバ』
フラッシュJとの相性は抜群

条件絞込み