More Fun, More Enjoy

釣り情報

  • HOME >
  • 釣り情報 >
  • 進化するタイラバ。次は塗るマーカーチューン!?

進化するタイラバ。次は塗るマーカーチューン!?

サイズ
70 cm
マダイ 70~60cm 2枚

京都 伏見店碇山

魚種
釣り方
場所
サイズ 70 cm
釣行日 2018-05-16
天候 晴れ一時雨
潮回り 大潮

コメント

久しぶりに青物も釣りたいと思い、新しいタイラバ実験も兼ねて、ジギング&キャスティングも用意してまたまた日本海へ。

今回は修理中のベイマックス代行でビクトリーⅡで出船。

 

ポイントに着くと潮と風、船と流れ方がバラバラ・・・

さらにポイント移動。

今度は底潮が効いていていい感じ。

そんな中、ようやく真鯛の反応が出だし、こんなヤツまで!

FB_IMG_1526513189978

 

隣で船長やっさんがスルメデスで座布団ヒラメ!80cmくらいあるが、まだまだ大きいのがいるらしいです

 

いい感度が入り、この流れに乗りたいとだいぶ遠方まで流していたので、再度回収して打ち直し。底潮に絡ませ丁寧に引いてくると・・・キマシタ

FB_IMG_1526513165209

 

ロクマルサイズで最近小型が増える中、幸先よいスタート。

DSC_2424

ヘッド:鯛夢150g(レッド)+ネクタイ:ストレート×2(グリーン・ゴールド)+トレーラー:フラッシュJ1”SW(グロー)+マル秘チューン①&②

 

 

DSC_2425

今日も小針がしっかり唇の端をギリギリ捉えてます。狙い通りしっかりトレーラーの付いた針を食ってきてます。

そして見えるでしょうか?このワーム『フラッシュJ1”sw』に前回からやているマル秘チューン①“バブリーチューン”ジークラックの『バブルネイル』を挿入・・・だけでなく、テールに注目。

マル秘チューン②ディッピングローでチャートに塗る“マーカーチューン”

 

DSC_2423

ワームに塗れば色(+匂いもつくらしい)がつき、バイトマーカーとなる“マーカーチューニング”水中ではマーカーした場所が際立って目立ちます。

 

今度はスルメデス(L)で“マーカーチューン”実験。

DSC_2426

黄色で目玉を塗ると水中で結構目立ちます。

さらに色でけだなく、“ディッピングロー”にはUV(ケイムラ)も出てます。

 

DSC_2427

見えにくいですが・・・コイツをエンペラ、サイドエッジに塗り、ゲソには点々と・・・スルメデスエッジUV+点発光UVチューンです。ついでにネクタイも点発光(夜光)

 

しかしこれはアタリは何度かあるが不発。

やはりシルエットが大きいので食いきれないのか?

 

発想を変えてスルメデスを食う⇒スルメデスから横取りさせる?⇒スルメデスに獲物を持たせる??イメージは獲物を捕らえたイカの横取りを狙う?・・・

アイデアが降ってきた!いい遊びを思いつく・・・

 

その名も“ボンマーマンチューン”

DSC_2428

 

DSC_2429

『激臭・匂い玉』に『バブルネイル』を刺した爆弾を持たせる作戦!激臭+ブクブクと泡を発生させる時限爆弾をスルメデスがマダイの口に爆弾を無事に届ければ作戦成功!

 

・・・しかしこれは遊び心が強すぎて不発。

 

ここから長い沈黙タイム・・・

 

 

手を変え品を変えやってると・・・フォール中にラインがバシバシと暴れだす!これはフォールでガンガン当たってる!頃合を見計らって・・・巻きからのアワセ!

 

重い引きとラインをロングダッシュで引きずり出す感じはいいサイズの予感。

FB_IMG_1526513133576

DSC_2431

体高のあるナナマルで今日一番のサイズ

 

DSC_2430

ヘッド:レッドスナイパー240g+ネクタイ:スリムストレート(ケイムラ)+ストレート(ブラウン+UVマーカーチューン)+トレーラー:鯛ペケ(グローグリーン)

鯛ペケをガッツリ咥えてます。口内の鋭い歯が並ぶ隙間へガッチリフッキング。デカイ針だともっと口内奥に刺さって切られたり、歯の硬いとこに中途半端に刺さったりして折れてるかも。

ちなみに今回はヘッド逆付に。引き抵抗減とイレギュラーなフラつきが発生します。

 

その後も再度フォール中にバイトがあったものの・・・掛かり所を選べないこのパターン。アワセ後のラインブレイク。

鳥山や青物の反応もあり夕マズメはキャスティング&ジギングも。久しぶりにガンガンシャクってみましたが・・・不発。キャスティングも誘い出しやったり、鳥山も打ったりするがいい所には届かず。青物も久しぶりにほしかったがまた次回にお預け。

チャンスがあれば青物も狙えるので、ジギング&キャスティングの準備も是非しておいてください。

表層のベイトを意識していれば誘い出し、ナブラや鳥山も発生すればチャンスは増大。ジギングもイワシがベイトだったり、トビウオがベイトの時はアルミ系も面白いそうです。

 

そんなタイラバ・ジギング・キャスティングと楽しめる日本海攻略を紹介してるのがコチラ!

2018_05_04 16_01 Office Lens

『釣りどき関西Vol.4』こちらに今が旬の日本海での釣り物攻略の記事を載せさせて頂いてますので合わせてご覧ください!

2018_05_17 11_03 Office Lens

使用した釣具

釣竿 シマノ オシアジガーインフィニティB651、オシアジガークイックジャークS642、CB-ONE VFR838SPC
リール シマノ オシアコンクエスト301HG、ツインパワーSW8000PG、14000XG
ルアー 鯛夢150、330g、レッドスナイパー200、240g、鯛節ストレート、鯛ペケ、スルメデスL、フラッシュJ1”、2”カーリー、匂い玉、ラピード160、トップメタル80g、鰤神白神175g
道糸 PE0.8、2、3
ハリス フロロ16lb.50lb.ナイロン50lb.

DSC_2423

ディッピングロー
ワームにカラーリング出来るアイテム
チャートテールのフラッシュJや点発光ケイムラなんてチューニングも可能。

条件絞込み