More Fun, More Enjoy

釣り情報

シマノ 明石タイラバ実釣会

鯛40~50cm台×2匹

大津店松田 侑也

魚種
釣り方
場所
釣行日 2018-06-05
天候 曇り
潮回り 小潮
同行人 ブンブン各店スタッフ

コメント

今期シマノのタイラバ関連新製品、炎月プレミアム&炎月リミテッド。実際に触れる貴重な機会をいただき、実釣してきました。

お世話になったのは東二見出船の「海豚」さん。とりあえず細かな説明より釣ってくださいと、ポイントまで一気に走り実釣開始。「朝一の潮効いてる間に釣ってな~」の船長のアナウンスもあり、朝一の時合逃すと厳しそうなので、集中してマキマキ。70~90mの掛け上がりのポイントを攻めていきます。

タイラバはタイガーバクバクの80gにイカタコカーリーをチョイス。

フィッシングショーで触りええな~と思っていた炎月リミテッドB70ML-S。実際に使用してみると、本当にグリップが握りやすい。

日本海のディープタイラバなどで一日釣りしていると、釣り終わってから手首痛くて仕方ないことがありましたが、炎月リミテッドに採用されているXシート エクストリームガングリップは手首にできるだけ負荷がかからないように設計されているので、今回一日使っていても、全く手首が痛くならなかったです。これは本当に良いです。

探見丸で反応を見ていると、結構な反応が中層までビッシリ写っており、これは今釣っておかないとという状態。

ボトム~15m付近を丁寧に攻めてみるも反応なく。船長からも中層までしっかり巻き切って試してよとのアナウンスあり、中層まで早巻きでしっかり巻き切るとHIT!

しかしまさかのライントラブルで逃がしてしまう・・・・。周りも中層でのHITパターンを掴んで一斉にHIT!

ちょっと焦りながら復帰し、中層の反応まで早巻きで巻くとHIT!久しぶりの明石鯛をGET!

同じパターンでもう一枚追加。船長が言った通り、朝の時合終わると、一気に反応無くなりましたが、船内最終12枚釣れ、各自タックルの使用感を確かめられました。

炎月プレミアム・リミテッド、ぜひ店頭で手に取って見てみてください!

使用した釣具

釣竿 シマノ 炎月リミテッドB70ML-S
リール シマノ バルケッタ301HG、オシアコンクエスト301HG
ルアー タイガーバクバク80g+イカタコカーリー
道糸 PE0.8号
ハリス リーダー4号

条件絞込み