More Fun, More Enjoy

釣り情報

初のアカメ釣行

サイズ
嬉しすぎて未計測 cm
アカメ2本

本社鹿内 慧斗

魚種
釣り方
場所
サイズ 嬉しすぎて未計測 cm
釣行日 2018-08-15
潮回り 中潮
同行人 Yさん

コメント

A276B2C4-22A7-46CF-8596-D629C6D8728B AE4FE132-2493-4027-8FC2-F5554DA59E41 8342CE21-B440-4EEB-8959-0A9217955302

琵琶湖釣行の予定がつかなくなり、何をしようかと考えた連休。

そうだ、高知に行こう!

釣り仲間のYさんを突然誘い、日本三大怪魚の中でまだ釣ったことのない最後の一種目、アカメを狙おうと決めた1時間後には既に出発。

朝マズメ手前程で最初に入ったポイントは、大きな川の河口付近。下げ潮で流れも効いており、ベイトもたくさん。

わくわくしながら釣り開始!

上流へキャストし、流れに乗せて巻いていると、5投程でガツンとバイト!

惜しくも乗らず、更に数投するとまたバイト!

流れに乗られながらゴリ巻きするも、ヘッドシェイクでフックオフ…

見るとST56が伸ばされています。

うなだれながらフックを替えて投げているともう日が昇っています。

川のアウトサイドの深みにテトラが絡むポイントへ移動。

少しレンジが下がったようなので、スイッチヒッター120Sを選択。

一旦沈めてからテトラに追い込むように巻くと、軌道変化のタイミングでコンっとバイト。

これは…!

本当に目が赤い!

開始早々に初のアカメをキャッチすることができ、サイズはともかくかなり嬉しい一匹★

気がつくともう完全に日が出てきたので、昼間から夕方まではポイントの下見。

情報はまったく調べずに来たので、ほとんど竿を出さずにひたすらポイント開拓です。

ある程度の目星が付き、日も暮れてきたので昼間開拓したポイントをランガン。

反応はなく、いいタイミングで入ろうと決めたポイントへ移動。と同時にとんでもない豪雨!

そしてベイトが一気に浮き出して慌ただしくなる水面。

しかしここでは釣ることができず、ポイントを移動。

雨の影響で、流れは増しています。

ここでYさん、ついにヒット!

サイズは小さいが、元気なエラ洗い。

しかし突然スッとテンションが抜け、足元で無念のバラし…

落胆と同時に希望が湧いてきて、ベイトっ気のあった先程のポイントへ戻ります。

するとここでまたしても豪雨!

Yさんは雨と眠気で車内で仮眠。

私はテンション最高潮で雨のなか突撃!

ベイトの活性は治まったが、ラストチャンスを信じて雨に打たれながらジョイクロをキャスト。

ピタっと雨風が止んだタイミング、時刻は午前3時。

突然竿先に衝撃!

すかさずアワセを入れた瞬間、アカメだと確信。

ロッドは信頼のバンタム1711HSB。

パワーに不足はないのでガチンコファイト。

周りには誰もいないので、バレないように祈りながら必死にランディング!

なんとかネットに収まり陸に上げることに成功。目測で70〜80cmくらい。

道中イメージしていた巨体には及ばないものの、朝に比べてだいぶ大きい魚体です。

赤く光る目とエッジの効いた魚体は本当にかっこ良くて、思わず見とれてしまいました。

魚を掴む手はブルブル震えています。

急いでYさんを起こし、写真を撮ってもらい無事リリース。

最後に思い描いたようにきたバイトを獲ることができ、満足しながらも次回のサイズアップを誓ったアカメ釣行でした。

使用した釣具

釣竿 バンタム1711HSB、エクスセンスワイルドコンタクト
リール アンタレスDCMD,ヴァンキッシュ4000XG
ルアー ジョイクロ、スイッチヒッター、オグルなど
道糸 PE3号
ハリス フロロ66lb

条件絞込み