More Fun, More Enjoy

釣り情報

水のカーテン一枚先に・・・

キハタマグロ 2バイト
カツオ 約60cm 5kg

京都 伏見店碇山 篤志

魚種
釣り方
場所
釣行日 2018-09-27
天候 雨、曇り
同行人 お客様1名

コメント

懲りずにまたまたキハダ狙い。

今回は少人数、天候も悪く雨・波で欠航かな・・・と思ったら決行!

20180927172235_p

しばらく沖合の鳥山の様子を見て、パヤオへ行くかどうかといったプラン。鳥の様子を見ながらしばらく走るが、とりあえず決戦に備え睡眠。

20180927060521_p

鳥の動きが激しくなってきた。そろそろ最初のチャンス。鳥の動きは早く、荒れたミヨシからのキャスト開始。船も動いてるのでなかなか操作も困難です。

鳥山の散っては動いて、延々と打っていく。

 

ようやくまとまった鳥山でチャンス有り?ようやく本命のキハダが姿を現した!鳥の動きが早い鳥山も船が近づくとすぐ散ってしまうので、鳥の飛ぶ先を予測して先回りしてキャスト。

飛距離や誘いも荒れた船上で操作も難しい為、ルアーを変更。この状況で一番飛距離が出せ、効果的に誘えるルアーへ。ビクトリー・トップメタル120g!シンキングでこの重量なので飛距離は抜群。しかいアルミソリッドボディなので、水中では漂うようにゆっくりフォールするので水面直下を長く誘えます。

これで確実に飛距離を出して鳥と魚が向かう先を確実に捉える。しかしなかなか反応しません。これならどうだ!と着水後すぐに高速巻きして水面で派手にスプラッシュを上げながら誘う。高速巻きでのストップ&ゴーで狙うと・・・

ど派手に水面を爆発させてついにキハダが出た!!しかし巻き上げた水のカーテン一枚向こうで巨体が舞い後ろからルアーに飛びかかるが一歩届かず。

この早巻きパターンか?再度鳥が濃く飛び交うエリアで高速ストップ&ゴーで水飛沫を上げて誘うと・・・またしても水面爆発!今度は横から飛びかかる!またしても爆発した水面に水のカーテンのスクリーンに巨体映る。これもルアーまで一歩届かず。

 

その後も延々と鳥山を追いかけては、投げ、また走っては投げ・・・全然休めないパターンです。

魚が浮かないので、ちょっとエビングや今日の為に用意したパワースローも試すが・・・移動が早いのですぐ回収~

 

何か釣りたいな・・・とカツオ狙いにジグでもとオーシャンフラッシュTG40gをセット。フックも落とし込み用の胴付鯵針のホロ付きとやらしすぎるアシストをセット。でもかなり細軸で舐めたタックルで軽い気持ちでキャスト。

鳥山に投げ込んで、チョンチョーンと誘ってはフォール。またチョーンチョーンと誘って・・・きたきたプルプル~とカツオのバイブレーション。これで美味しいお土産は確保。と楽々寄せてくると手前でギュイーンと走る。小さいクセに結構いい引きするやん・・・なんて思ってたらギュイーーーーン!!!あれれ?コイツでかい?ラインが激しく水を切って行く。姿が見えてからも螺旋を描いてダイブしていく。

20180927123830_p

5kgの立派なカツオ。コイツは美味しいヤツ。

ちょっと舐めすぎたセッティングでしたが、フックもカンヌキにしっかり掛かってました。

 

船長もこのサイズになってくるとPEも3号とか舐めたタックルだと切られる・・・と。すいません、PE2号ですが、針と心構えは舐めきってました・・・

こんな美味しいヤツが釣れるなら・・・最初から前回でカツオ狙ってたら・・・とか思いつつ、やっぱりキハダのバイトがあったのに一歩届かずでまだまだキハダとの距離が縮まらず、再リベンジを誓うのでした。(カツオは狙うけど!)

 

使用した釣具

釣竿 CBONE スタンドアップツナVF8012ER、ブルーウォータープラッギンVF807SR、VFR838SPC、ヤマガブランクス ギャラハド63/2slow
リール シマノ ステラSW18000、8000HG(ノーリミッツSW16000スプール)、ツインパワー14000XG(8000スプール)
ルアー ビクトリー トップメタルロケットマン120g、ヤマリア ラピード190、リライズ130、CBONE ライアン160、クレイジーオーシャン オーシャンフラッシュTG40g、ビート ディフューズR180g
道糸 PE8、6、4、2
ハリス ナイロン170、130、60、50lb.

20180927162216_p

条件絞込み