More Fun, More Enjoy

釣り情報

日本海ジギング&鯛ラバ

サイズ
60 cm
ハマチ、タイ、アコウ、レンコダイ

西昆陽店厨 宏樹

魚種
釣り方
場所
サイズ 60 cm
釣行日 2018-11-08
天候 晴れ
同行人 西昆陽店、平尾主任、伏見店、碇山店長、菅さん、高田さん、伏見店お客様

コメント

こんにちは。西昆陽店の厨(くりや)です。今回は平尾主任からお誘いいただき、日本海のジギングに行ってきました。

お世話になったのは丹後半島、浅茂川漁港より出船している、オーシャンズさんにお世話になりました。
朝8時に船長に挨拶し、さっそく出船。青物メインでだめならばタイラバもやるかも。とのことで、タイラバの用意もしました。
朝一、港からすぐのポイントでナブラが発生。
伏見店のお客さまのキャスティングに良型のシイラがヒット。
幸先よくスタートできましたが、その後しばらくの沈黙が続きました。
そしてまさかの根掛かり。なんとか外すことができ、リーダーに傷などあるかもしれないので回収しようとリールを巻いた瞬間にゴンゴンっと生命感。
なにかが来てました。そこそこに強い引きで上がってきたのは、コロコロに太ったハマチでした。
おそらくは底から急にジグが飛び出したのでリアクション気味に食ってきたのと思います。
しかしその後は青物からの反応はなく、船長も群れを探して走り回ってくれますがあたりはなく、時間が過ぎていきました。
とにかく潮が流れないので、どうしても糸が出ていかずに、軽いジグでもバーチカル気味になってしまっている状況でした。
そのうちにタイラバをする展開になり、みんなでタイラバを巻いていきます。こちらも水深が深く、通常なら200グラム前後の錘を使うのですが、この日は最低80グラムのヘッドでも底がとれ、しかも糸もほとんどでていかずのバーチカルの釣りになりました。
この日は120グラムがちょうどよく使いやすかったです。
船長は漁礁周りのポイントを中心にまわってくださったので、アコウやレンコダイ等の美味しいお土産をみんな確保して、魚の引きも楽しめたので、良かったです。
私は魚も底べったりだと思い、底から5メートル以内に絞って巻きました。リールを4~5回転巻いては落とすを繰り返し、少しずつ流れ出して糸が斜めに出ていき出したころ、レンコダイ、アコウと連発。
そしてついに本命の真鯛のあたりが。水深は80メートルほどで、底付近であたったので、慎重にあげてきます。
ここでは新製品リョウガ1016HLが活躍してくれました。
安定のドラグ性能と巻き上げ力で、テンションを抜かずにゆっくりあげて来ることができました。さすがの性能でした。
釣れたのは良型の真鯛でした。
この頃には薄暗くなりはじめており、船長が最後は浅場の青物をとのことで、最後はジグをしゃくりますが、残念ながら真っ暗になってしまい、タイムオーバー。真っ暗になるまで、走り回っていただきありがとうございました。
この日は潮が流れず苦戦しましたが、なんとかお土産の魚は満足できるほどに釣ることができました。
日本海タイラバは現在好調です。ジギングもこれからが本番です。
詳しくは西昆陽店までお問い合わせください。
皆様のご来店をお待ちしております。

使用した釣具

釣竿 ゲームタイプJ-S603、オシアジガーB633、紅牙X69XHB
リール ステラSW6000HG、オシアジガー1501HG、リョウガ1016HL
ルアー ペブルスティック150G、フリースライドヘッド75G、120G、中井チューンユニットなど
道糸 PE1、2、3号
ハリス フロロ20LB、40LB

条件絞込み