More Fun, More Enjoy

釣り情報

本牧のイワシ また釣れだしています

イワシ/10尾
キス/5尾
アジ27㎝

相模原店大江伸夫

魚種
釣り方
場所
釣行日 2015-11-09
天候 くもり
水温 19度
潮回り 中潮

コメント

9月、10月の連休に釣りを始められたファミリーが多いのですが、ここしばらく、横浜の釣り公園からイワシが姿を消していました
釣り公園では、サビキに限らず、投げ釣り、胴突き探り、フカセ釣りなど、多彩に楽しめるんですが、やっぱりファミリーには、「釣って簡単、食べて美味しい」イワシがベストパートナー
イワシ不在だと、初心者には晩御飯オカズ確保は厳しいので、釣り公園のイワシ情報には、常にアンテナを張ってあるんです
そんな中、8日の本牧で「イワシ復活」の情報が出ました
で、さっそく9日に本牧海釣り施設へ

 

IMG_0982-thumb-200x150-20594

 

雨予報の月曜日、人気の本牧ですが、すいていました
沖桟橋でサビキからスタート。同じサビキでも、アジ狙いは底攻めですが、イワシは水面ちょい下です。杓でアミエビを上撒きして寄せるのがコツ。しばらく無反応でしたが、30分ほどして釣れだしました。今日は様子見ですから、晩酌のアテ分でサビキは終了
次はキス狙いです
桟橋内向きから30mほど投げます。水温が下がってきたので、少し引いて数分止め、少し引いて数分止めパターンがいいと思います。昼間でしたが、曇り空がよかったのか、1時間で5本確保
ラストは「へチもどき」の探り釣り。回り道が面倒でモエビの用意ができず、イソメで底から3mまでを探ってみました
カサゴ、メバルやセイゴも狙えるんですが、底の変化の乏しい一角を選んでしまったようで、やっとの思いでアジ1尾でした
本牧のイワシ、8日は全体で2067尾。9日は多い人で30尾ぐらい。まだ不安定ですが、例年のパターンだと、これから年末に向けて釣果は安定してきます。盛期ほどの混雑もありませんので、情報をチェックしてお出かけください。

 

map-thumb-200xauto-20581

 

ファミリーには地続きの護岸がオススメ。柵があって安心。投げもサビキもできます
L型の沖桟橋は潮の動きがよく、魚種豊富。足元サビキやチョイ投げなら内向きが釣りやすいです。投げのオモリは最低10号以上を使ってください

使用した釣具

釣竿 「ダイワ・小継飛竜2-33M」
リール 「シマノ・青波巧60sp」

IMG_20151109_102651-thumb-200xauto-20580

「ハヤブサ・イワシ専科3号」

条件絞込み