More Fun, More Enjoy

釣り情報

  • HOME >
  • 釣り情報 >
  • フィッシングショーの後は大阪湾ボートロックフィッシュへ

フィッシングショーの後は大阪湾ボートロックフィッシュへ

サイズ
20 cm
メバル・ガシラがたくさん

西昆陽店厨 宏樹

魚種
釣り方
場所
サイズ 20 cm
釣行日 2019-02-01
同行人 高槻店:下村さん

コメント

こんにちは。西昆陽店の厨(くりや)です。今回はフィッシングショー大阪終了後のボートロックフィッシュに高槻店下村さんと行ってきました。

大阪大正のボトムノックさんにお世話になりました。
前から行きたかったボトムノックのボートロックフィッシュ、下村さんとフィッシングショーの日が被ったので、お願いして連れていってもらってきました。
夕方6時出船でまずはガシラ狙い。
海上では時おり雪もちらつく寒さです。しかし魚の活性は良かったです。
年明けから導入したベイトフィネスタックルを駆使して狙っていきます。
高活性のガシラたちがあたってきます。
ルアーはボートロックフィッシュの定番ワームであるワインドシャッド40とデルタマジックのセットで狙います。
ベイトタックルでボトムを取りやすく、操作感も良く、クラッチ操作で穴に送り込んだりできて釣りやすいです。
去年もフィッシングショーの後に、来たのですが、去年の同時期よりあたりも多く楽しめました。
寒いなかでもガシラ釣りで癒されたところで、ポイントを移動して、メバル狙いです。
水深は浅いので、ジグヘッドは1.2グラムを使用しました。岸際に船をつけて、岸から徐々に深くなっているエリアです。
ワームをチビキャロスワンプに切り替え、表層を巻いてくると、時合いなのかどんどんあたってきます。
一時は3投連続ヒットもあり、釣れるサイズも良く楽しい一時でした。
時合いが落ち着いたタイミングではなかなかただ巻くだけでは、なかなかあたらずガシラやタケノコメバルが釣れますが、本命メバルのあたりが減ってきます。
魚はたくさん居るようで、隣の下村さんはどんどん釣っていました。
見よう見まねで釣ってみるものの、なかなかあたらず、寒さで手がかじかんで、ルアーを結び直すのも時間がかかり、気づけば終了時間になりました。
またリベンジにいきたいと思います。また下村さんからいろいろと学んでいきます。
結果終盤失速してしまいましたが、それでも十分大漁のメバル・ガシラが釣れたので良かったです。
ライトゲーム、ボートロックフィッシュの事なら西昆陽店、高槻店へぜひお越しください。ボートロックフィッシュでバッチリ使えるアイテムを多数置いています。
ロックフィッシュ好きスタッフが居ますので、ぜひお声かけください。
ボトムノックさんでは、船長も優しく、釣りを教えてくれるのでおすすめです。大阪ドーム前より出船しているので、行きやすい場所です。ぜひ皆様も行ってみて下さい
皆様のご来店をお待ちしております。

使用した釣具

釣竿 ブルーカレントベイト63、ソアレBB604ULS
リール アルファスAIR5.3L、ソアレCI4c2000PGSS
ルアー ワインドシャッド40、チビキャロスワンプ
しかけ デルタマジック、アジ弾丸
道糸 PE0.4号
ハリス フロロ3LB

条件絞込み