More Fun, More Enjoy

釣り情報

すそのフィッシングパーク 

サイズ
45 cm
30匹ほど

相模原店脇 幸太郎

魚種
釣り方
場所
サイズ 45 cm
釣行日 2019-03-08
天候 晴れ
同行人 相模原店 石岡さん

コメント

すそのフィッシングパークに行ってきました。

 「石岡さんにルアーの釣りを教えよう企画 第二弾」です。

ある程度キャストもできるようになってきたみたいなので

釣人のプレッシャーもそれなりにあり、少し難易度の高いクリアウォーターのポンドからスタート

魚の姿も丸見えなので、魚がルアーに反応するも見れます。

難しさはありますが色々学んでいただくには良いポイントです。

 

放流タイムまで時間があるのでとりあえずスプーンの基本的な使い方を覚えてもらうことにしました。

 

当たるスプーンを探しながら反応があるカラーや巻きスピードを色々教えながら釣っていきます。

ペレット系のミックスカラーをスローに巻いて、巻きの間に食わせのきっかけを入れると釣れる感じでした。

 

石岡さんもアタリはぽつぽつあったようですがうまくフッキングまで行けない様子。

 

放流タイムは定番の赤金で釣れる状態

石岡さんも手持ちのスプーンでHIT

 

午後からはマッディーポンドに移動

濁りがある分、釣り人の多さのわりにプレッシャーもそこまでない感じで

魚の反応も良かったです。

気温も上がり表層反応もあったのでデカミッツでしばらくトップゲームを楽しむことにしました。

石岡さんも表層ゲームに挑戦してもらいます。

ジュパッと出ますが、のらないもどかしい思いをしている様子です。

少しずつ覚えてもらって「釣りの引き出し」を増やしてもらえればと思います。

 

すそのフィッシングパークには色々なタイプのポイントがあり

ルアーの釣り方を色々経験してもらうには非常に良い経験となったかと思います。

最後は、流れのあるところに溜まっている魚を狙うことに。

私的に一級ポイント。

トレースコースや巻き方を教えるとアタリはコンスタントに出せるようになったみたいです。掛けるまでは中々難しかったようですが、アタリを出せてわかるまでにはなったようなので良かったです。

私の方は一投一匹とまでは言いませんがよく釣れました。

使用した釣具

釣竿 ロデオクラフト 99+早乙女モデル
リール バンキッシュC2000S
ルアー ロデオクラフト:モカ ティモン:デカミッツ など

条件絞込み