More Fun, More Enjoy

釣り情報

  • HOME >
  • 釣り情報 >
  • 2匹目のドジョウ狙いへ 方座浦の磯グレ

2匹目のドジョウ狙いへ 方座浦の磯グレ

グレ2匹
アイゴいっぱい
イガミ、ボラなど

堺店嘉田 康司

魚種
釣り方
場所
釣行日 2019-03-27
天候 晴れ
潮回り 中潮

コメント

今年6回目となる方座浦の磯グレ。前回いい思いをさせてもらい、釣れる気しかしません(笑) 今回は昼から荒れてくる予報で嫁が同行者の為、南からのウネリに強いアラメ島へ渡りました。朝一は無風ベタ凪で、仕掛けとエサの準備をするだけで汗だく。早速中着を全部脱いでシャツ1枚の上にレインのみという夏の格好に。 夢はでっかく50オーバーを想定しハリス2.5号、竿も昔のトーナメント剛剣1.85号で挑みます!が・・・フグがすごい!!!1投目からハリがありません・・・マキエには無数のフグが群がり水面でエサをパクパクしています。ハリを1パックほど失くした10時ごろから少しおとなしくなり、まともな釣りが出来るようになります。 3ヒロ前後ではエサが残り出したので、G6を追加しゆっくりシモらせていくと5ヒロ前後でアタリが出だします。ただし本命ではなくアイゴの猛襲、30後半の元気盛りなやつがガンガン竿を絞り込んでくれます。。。たまにグレも掛かりますが25㎝まで。ならばと磯際ぎりぎりを根掛かり覚悟で攻めていくと、やっとこましな35cm、次に32cm。調子が出てきたと思ったのも束の間、またフグの猛攻が始まります・・・ 夕方の時合に期待と思っていた1時過ぎ、電話が掛かってきて「撤収しまーす」のコール。「まだいけるやろ!」と思いましたがそれから30分もたたないうちに強風と大荒れの海。命からがら港に戻りました。 久々に体験した恐怖、海をなめたらあきませんね。朝と昼の気温差が大きい春は昼過ぎから突風が吹くことが多く、突然荒れてきます。渡船利用の場合は経験豊富な船頭がいち早く察知し迎えに来てくれますが、地磯の場合は自分の判断が生死を分けることもあります。くれぐれも天気予報には注意して安全な釣りを心がけてください。

使用した釣具

釣竿 剛剣1.85号
リール BBXテクニウムC3000DXG
道糸 磯スペシャルビジブルフリー2.5号
ハリス ブラックストリーム1.75~2.5号
浮き 松田ウキ5-5~B-Bまで
エサ ボイル1枚生1枚v9徳用1袋

条件絞込み