More Fun, More Enjoy

釣り情報

鮎友釣り 令和元年初釣行 桂川

サイズ
12~19 cm
鮎 12~19cm 20匹

相模原店丸田 泰助

魚種
釣り方
場所
サイズ 12~19 cm
釣行日 2019-06-14
天候 曇り

コメント

いよいよ今年も鮎釣りシーズンがスタートしました!が、用事や天候で、今年の鮎釣り初釣行は6月半ばとなってしまいました。スタートダッシュで良い釣果が聞かれていた桂川ですが、解禁から2週間たって、どんな感じかな?と、期待半分、不安半分でいつもの大月周辺のポイントへ行ってみると、釣り人でいっぱいです。オトリ屋さんに聞いても、爆釣というわけでもなさそうですが、泊りの方までいるそうです。ちょっと深めなポイントですが、入れそうな場所があったので、腰まで浸かって今年の初釣りスタートです。

薄っすら見える大岩の周りをゆっくりとオトリを泳がせますが、なかなか掛かりません。分かり易いポイントはやはり釣られている様です。そこで、ちょっと届きにくそうなポイントを攻めるとやっと1匹目が掛かりました!14cm位と、桂川にしてはちょっと小さ目ですが、とりあえずオトリが変わったので掛かりだすか?と、思ったのですが、12~15cmクラスがポツリ・・・ポツリ・・・と、なかなか数もサイズも伸びません。3時間で10匹ほど釣ったところで、上流側と下流側に人が入ってきました。しかも、ものすごく近くて竿が当たりそうなので、危ないので場所移動することにしました。

川をくだりながら、鳥沢などのポイントを見てまわりましたが、どこもあまり釣れていません。そのまま最下流の上野原までくだってきて、他の釣り人の釣りをしばらく見ていると、ポツポツ釣れていて、サイズも大月より大きそうです。早速準備して、最下流付近からオトリを上に向かって泳がせます。15分ほど粘っていると、ゴンッ!と当って、仕掛けが一気に下流に引っ張られます!イイ引きを楽しみつつ、慎重に寄せてから引き抜くと、この日最大の19cm!追い星2つの黄色い、思わずニタニタ笑ってしまうぐらいきれいな鮎です。そこからも、広範囲を泳がせて、15分に1匹ぐらいのペースですが、15~18cmクラスがポツポツ釣れ、大月の釣果と合わせて20匹目を釣ったところで、寒さに負けて17時前に納竿しました。昨年同様、上野原は数が出ない場所はサイズがいいようです。

 

6/16には道志川も解禁するので、次は道志川にも行ってみたいです。相模川も昨年に比べ大幅に遡上量が少ないので、今年はしっかり成長すると思います。令和元年の鮎釣り、今年はどんな釣りが出来るか楽しみです。

使用した釣具

釣竿 シマノ プロセレクト FW90
しかけ ダイワ メタコンポⅢ完全仕掛け 0.04号
バリバス エクセラ鮎 タイプ2&タイプ3  7号3本錨 

条件絞込み