More Fun, More Enjoy

釣り情報

タイラバ遠征へ

アマダイ2匹 真鯛3匹 イトヨリ3匹 チダイ1匹 エソたくさん

堺店平山 武

魚種
釣り方
場所
釣行日 2019-06-18
同行人 お客様 K様

コメント

お客様K様にお誘いを頂きタイラバへ行ってまいりました!

お世話になったのは紅牙シリーズ監修でもおなじみ、中井船長・海竜さん。

今回は加太での真鯛狙いではなく、高級魚アマダイをタイラバで狙う遠征便!

私は遠征初体験ですが、K様は何度も遠征でアマダイを仕留めているプロフェッショナル!期待も膨らみます。

当日4時過ぎに港に到着。すでにK様と中井船長が準備を進めており、挨拶を済ませ出船!

ポイントまでは1時間半ほどと、流石遠征便という時間。軽く仮眠をしつつ移動時間を過ごします。

ファーストポイントまで到着すると、水深の深さもありますが水の色が濃い青色!水温もまずますということで早速釣り開始!

水深は80mほどですが、潮の流れも風もかなり緩いので100gのヘッドでスタート。着底はこの重さでもしっかりわかります。

エンジンを切りドテラ流しで攻めていくと、数流し目にココッとバイト!時折クイクイと竿先が入りますが大きい魚ではない模様。

イトヨリじゃないかな?との中井船長のコメント通り上がってきたのは蛍光イエローのラインが鮮やかなイトヨリ!初めてタイラバで釣りあげました。

その直後、再びリーリングを繰り返していくとヘッドがフォール中に強い引き込み。

ハンドルを巻いてクラッチを入れると、ジジジジッ!とドラグがすごい勢いで滑ります。

一気に40mほど走られなすすべもなくラインブレイク。ここ最近ヨコワ(クロマグロの子供)が回っているそうでそれじゃないかな?との事。

姿を見れなかったのは残念ですが気を取り直してリーリングを続けます。

しかし、潮の流れがさらに緩くなり喰いが非常に浅い状態。

よいサイズを掛けてもことごとくフックオフ・・・フックを新品に変えてもばらしまくり(泣

それでもあきらめずにリーリングを続けると、ボトム周辺でHIT!あげてくる最中に時折ぐいぐいと引き込む感じ。

慎重に上げてくると・・・来ました本命アマダイ!サイズは小さいですがはじめてアマダイをタイラバで釣りあげることができました。

その後も潮が緩い状況が続き苦戦するものの、最後の1流しでアマダイ1匹追加で、真鯛・イトヨリ・チダイ・ホウボウ・ゴマサバ・エソと様々な魚を拝むことができました。

初めての遠征でしたが、上げてくるまでの何が掛かっているかわからないドキドキ感と食べておいしい魚がたくさん釣れるということではまってしまいそうです!

K様 中井船長お世話になりました!

釣り上げた魚はなじみの居酒屋におすそ分けで持っていき、ご厚意で少し調理していただきました。

イトヨリの煮つけ・アマダイの皮せんべい美味しかったです!

 

 

使用した釣具

釣竿 ダイワ 紅牙EX AGS N65MB THRILL GAME
リール シマノ スティーレ101HG

条件絞込み