More Fun, More Enjoy

釣り情報

またまた明石鯛ラバへ

鯛1匹

大津店厨 宏樹

魚種
釣り方
場所
釣行日 2020-06-18
天候

コメント

こんにちは。大津店の厨(くりや)です。今回は3連続鯛ラバ釣行の2日目にいつもの垂水漁港の虎ノ介さんへ。

昨日より更に大雨の影響がひどくなる明石海峡で鯛ラバ修行。昨日の状況から居てもなかなか口を使わない鯛をなんとか釣るため柔らかめの竿とぶれない巻きをさらに意識して1日取り組みました。

2枚潮がひどくポイントも限られるなか、塩分濃度も薄くなって鯛の活性も低いです。

朝イチから船中ヒットがなく厳しい状況ですが、なんとか釣りたいところ。

今までの経験よりこういう日は一瞬の釣れるタイミングで釣らなければ厳しいと思います。

ポイントをまわるなかでとあるポイントで船長よりてんこ盛りに映ってる。ベイトもちりめんが映ってるから食いそうとアナウンスが。

水深は50メートル程度ですが30メートルほどから糸の角度が変わり、上潮は底まで濁っていなかったので、底まで濁りが入っていると思い赤のマジカルワームを落とします。

するといきなりあたり。さらに次の流しであたりようやくヒット!と思ったらばらし。しかしそのまま巻き続けるとばらした鯛で活性あがったのか、またガツガツきて巻いているとヒット!と思えばまたばらし。

次の流しくらいから2枚潮がきつくなりおまつりが大量発生。でポイント移動。

おそらくここで釣らないとダメだったと思うと船長からも、何しとるねんっ!と無言のプレッシャー、。

ここまで厳しい中落とせるポイントを探しながら、鯛が映ればポロポロ拾い釣りな展開でなんとか1匹鯛をゲットすることができました。

厳しい展開で2ヶ月半振りの鯛は嬉しい1匹。しかし釣れるタイミングで少ないあたりをばらまくったのでまだまだ修行が必要だと思った釣行となりました。

梅雨の時期はなかなか日によって厳しい状況もありますが天気も良ければ数釣りシーズン突入ですので皆様もぜひ明石の鯛ラバ挑戦してみてください。

皆様のご来店をお待ちしております。

今月より垂水漁港の港のゴミ箱は船で出たゴミは使用不可になったようです。出たゴミは持ち帰りましょう!

DSC_0698

 

使用した釣具

釣竿 桜幻68ULS
リール リョウガ1016HL
ルアー 中井チューン、桜幻ネクタイ、ヘッド80グラム
道糸 PE0.6号
ハリス フロロ2.5号

条件絞込み