More Fun, More Enjoy

釣り情報

  • HOME >
  • 釣り情報 >
  • またまたまた南紀白浜アンダーベイト釣行

またまたまた南紀白浜アンダーベイト釣行

ハマチ×2 極太サバなどなど

本社白川 亜矢

魚種
釣り方
場所
釣行日 2020-09-12
天候 晴れ
潮回り 長潮
同行人 本社 白川係長

コメント

9月に入ってアンダーベイトシーズン本格イン・・・と言う事で、和歌山県白浜代々丸さんに今期3度目のアンダーベイト釣行へ行ってまいりました。
5:30集合、6:00出船。今回のポイントは白浜沖へと北上。
ポイントに向かう途中で船長から最初の重りは80号で、すぐに120号に変更するかもと言われて両方のオモリを準備。
最初のポイントは水深68m。
ベイトの反応は50mから底まで。
仕掛けを落としていくと、55m付近でしゃくり上げなくても針にベイトが掛かります。
着底後2m巻き上げ本命を待ちます。
すると、すぐにベイトが何かに追われ逃げまわっている動きが竿先に出て・・・・ドンっと、大きく竿先が沈みました。
早速の本命HITです!
しかも、結構なヒキ。ドラグがどんどん出ていきます。
ゆっくりやり取りしながら40mまで巻き上げてきた時に悲劇は起きました。
ふっと竿先が軽くなり痛恨のバラシ!!!
巻き上げると、何とハリス切れでした。
最近10号ハリスにこだわっていたので今回も10号を使っていたのですが細すぎた…。
ショックを隠せないまま、仕掛けをハリス12号に変えて再度投入。
ベイトは掛かってくれますが本命のアタリはなし。
と、船中が急に騒がしくなり、なんと5名が同時HIT。
白川係長の竿も大きく曲がっています。
仕掛けを回収して、係長のカンパチをタモ入れします。
どうやらアサイチのバラシで雌雄決したようです。

その後も、ベイトは掛かるも本命のアタリは出ず。

少しポイント移動をして、
水深は変わらず70m位ですが、潮が早いのとサバの猛攻撃をかわす(もしサバがついたら底に沈める)為、オモリを120号に変更。

ここでやっと私の竿にも本命のアタリが。
今度は慎重に巻き上げ、釣れたのは・・・ハマチでしたが、久しぶりに竿を曲げられてちょっとテンションアップ。

その後も極太サバに邪魔をされながらも、もう1匹ハマチ追加。
お昼に納竿となりました。
9月に入ったものの、まだまだ真夏並みの暑さです。
朝方の涼しさに騙されて飲み物1リットル分しか持っていかなかったのですが全て飲み干してしまいました。

まだまだ熱中症対策必須です。

使用した釣具

釣竿 船匠 ハイパー落とし込み210
リール シマノ フォースマスター3000XP
しかけ 胴突き4本針
道糸 PE4号+リーダー14号
ハリス 10~12号
オモリ 80、120号

条件絞込み